バラエティ豊富な種類を楽しめる現代の快適カーペット情報

カーペット

カーペットの洗濯周期はどのくらい?

カーペットはオシャレなものを購入しましょう!カーペットを買おうと悩んでいる方にぜひお安く購入してもらえるようにびっくりカーペットで様々なタイプを取り揃えております!


主婦の方なら、洗濯物の適した洗濯周期を把握していることでしょう。シャツなら何日、下着なら何日、などです。普段着るような洗濯物なら、洗濯機が一杯になったら洗う、というアバウトな方法でも対処できます。しかし、それが、カーペットなどの大物だとどうでしょうか?カーペットをどのくらいの周期で洗濯すればいいのかを、把握している主婦の方は少ないのではないかと思います。
そもそもカーペットは洗濯するものなのか?という疑問から始まりそうです。カーペットは、床に敷くものですし、部屋のホコリやダニ、髪の毛なども大量に含んでいます。子供が床に寝転んだりもするので、カーペットの衛生状態が気になりますよね。そうかと言って、頻繁に洗濯できるものでもありません。せいぜいできるのは、掃除機をかけるときに、念入りにゴミやホコリを取り除くぐらいです。
しかし、カーペットにも一般的な洗濯周期というものがあります。専門家が推奨するカーペットの洗濯周期は、4~6ヶ月に1回です。最低でも半年に一回は、何かしらの方法で洗濯したほうがいいようですね。床に敷いて使うものだから、半年に一回と言うのは寧ろ、少ない印象があります。布団などと同様に、丸洗いをしなくても、日干しにしてダニを追い出すことによって、衛生状態を保つことができます。
洗濯は無理という方は、天気のいい日は、カーペットを日干しするようにするといいでしょう。

カーペットは布団丸洗い業者で洗浄できる

ペルシャ絨毯などの高級なカーペットは、お手入れが大変ですよね。色落ちや生地が縮むことを考えて、丸洗いもできません。そこで、重層などを用いて、対処するわけですが、ずっと洗濯していないと、毛も硬くなってふっくら感がなくなってしまいます。そういう場合は、「布団丸い洗いサービス」の利用がオススメです。
布団丸洗いサービスは、普段洗濯できない布団の丸洗いを取り扱っていることはもちろん、洗濯しずらいカーペットの洗浄も扱っています。カーペットの丸洗いは、機械洗浄ではなく、専門の職人さんが、専門の工具を使って丁寧に洗浄します。ですから、デリケートな素材でも色落ちや生地が縮んだりと言ったトラブルに合うこともありません。洗浄後は、防ダニ、防塵加工を施してくれるので、新品同様の肌触りを楽しむことができます。
また、長年使っているうちに、糸のほつれなどが生じます。そのようなほころびも、オプションで修繕してくれるので、便利です。価格は1帖あたり2,000円程度です。1㎡だと約1250円程度となっています。カーペットの洗浄周期は4~6ヶ月に一回とされています。なるべくなら季節ごとの洗浄が望ましいでしょう。高級なカーペットで気持ちよく生活したいなら、季節ごとに業者に依頼して、カーペット丸洗いすることをオススメします。

カーペットのメリットとデメリット

みなさんのご家庭ではカーペットを敷いているでしょうか?今回はそんなカーペットのメリットとデメリットについてご紹介させて頂きます。今日の新築不動産物件などではフローリングが普及し、カーペットを敷く家庭も少なくなりました。元々カーペットの全盛期と言われる昭和40年代では、畳の上などに敷くのが主流でしたが、ダニが繁殖するためその人気も次第に低迷していきました。デメリットを挙げるとすれば、夏には暑い、ダニの問題、などなどが挙げられるでしょう。
逆にメリットですが、冬でも暖かい、滑らない、クッション性があって居心地が良い、などなどが挙げられます。特に滑らないというところは、犬や猫などのペットを飼っているご家庭では、フローリングなどで滑ってペットの足を悪くしないためにはとても大切な点です。
このようにカーペットを敷くメリットもたくさんあるのも事実で、今ではダニが繁殖し辛いような素材を使用しているカーペットも、時代の発展とともに世に出回るようになりました。そして何より、床や壁の配色は、そのお部屋を印象づける重要ポイントです。自分の好きなデザインやカラーリングのカーペットを敷くことによって、お部屋をおしゃれにカスタマイズすることができるでしょう。

TOP